「住宅防火 いのちを守る 10のポイント」の活用について

住宅火災によって毎年約1,000人の方が亡くなっています。その半数が「逃げ遅れ」によって亡くなっており,死者の約7割を65歳以上の高齢者が占めています。住宅などの財産だけではなく命をも奪うのが火災です。住宅火災の発生や逃げ遅れを防ぎ,命を守るために,日頃から取り組むべき「住宅防火 いのちを守る 10のポイント」を活用して下さい。詳細は次のサイトをご覧ください。

消防庁ホームページ「住宅防火 いのちを守る 10のポイント」
※チラシのダウンロードが可能です。