火災統計

(1) 火災件数・損害額

令和3年における火災件数は19件で,前年と比較して4件減少しています。管内では1カ月に平均1.6件の割合で火災が発生し,管内人口の出火率(人口1万人当たりの出火件数)は,2.6件/万人となっています。
市町別では,気仙沼市は13件,南三陸町は6件となっています。前年と比較すると,気仙沼市は6件減少し,南三陸町は2件増加しています。
損害額は40,353千円で,前年と比較すると,32,132千円の減少となっています。

 (2) 火災種別

火災種別では,建物火災が12件,林野火災が2件,その他火災が5件となっています。前年と比較すると,その他火災が2件増加しており,建物火災が1件,林野火災が2件,車両火災が1件,船舶火災が2件減少しています。
建物火災の火元を建物用途別にみると,住宅が7件,飲食店,物置,事務所,車庫兼物置がそれぞれ1件となっています。
(※建物火災のうち1件は,野外焼却から延焼拡大したものです。)

 (3) 死者・負傷者

火災による死者はなく,平成29年12月以降発生しておりません。負傷者は2人で,前年と比較すると5人減少しています。なお,負傷者の受傷時の状況は,その他(火災確認時)が2人となっています。

 (4) 出火原因

出火原因別では,「こたつ」,「ストーブ」がそれぞれ2件と最も多く,次いで「たばこ」,「取灰」,「たき火・ゴミ焼き」,「ハンドトーチ」,「電灯・電話等の配線」,「ライター」,「風呂がま」,「落雷」,「電気器具」,「線香」,「火遊び」がそれぞれ1件となっており,調査中が4件となっています。

救急統計

 (1) 救急件数・搬送人員

令和3年における出動件数は3,240件で,搬送人員は2,897人であり,これを前年と比較すると出動件数は163件,搬送人員は164人の増加となっています。
管内では1日平均8.9件の割合で救急隊が出動し,管内人口71,740人のうち約25人に1人が救急隊によって搬送されています。

 (2) 事故種別

事故種別では,出動件数及び搬送人員が最も多いのは,急病で2,236件・1,998人で出動件数全体の69%となっており,次いで一般負傷479件・432人,その他(転院搬送等)297件・289人,交通事故121件・112人となっています。この4種で出動件数全体の96.7%,搬送人員全体の97.7%を占めています。

 (3) 年齢・傷病程度別

年齢別搬送人員では,65歳以上の高齢者が2,088人(72.1%)と全体に占める割合が高く,この中で急病搬送が70.2%を占めています。
傷病程度別搬送状況は,中等症が1,382人(47.7%)で全体に占める割合が最も高く,次いで入院加療を必要としない軽症が958人(33.1%)となっています。