違反対象物の公表制度について

建物の利用者が,その建物についての防火安全性を判断できるように,重大な消防法令違反が認められる建物について,その情報を公表する制度です。

公表の対象となる建物

遊技場,飲食店,スーパー,旅館,ホテルなど不特定多数の方が利用する建物や,病院,福祉施設など自力で避難するのが難しい方が利用する建物です。

公表の対象となる違反

消防法によって設置が義務付けられた消防用設備等のうち,屋内消火栓設備スプリンクラー設備自動火災報知設備のいずれかが設置されていない重大な違反が対象となります。

公表する内容

消防法令違反となっている建物の名称所在地及び違反内容について,当ホームページで公表します。

違反対象物公表制度の根拠

公表されている違反対象物一覧

建物関係者の皆様へ

関係行政庁への必要な申請や届出をせずに行った建物の用途変更,増改築や建物どうしの接続を行うことで,新たに消防用設備の設置が必要となり,公表の対象となることがあります。このような工事や用途の変更などを計画されている建物関係者の方は,必ず事前に最寄りの消防署・分署・出張所にご相談ください。

関連ファイル