住所:宮城県気仙沼市赤岩五駄鱈43-2 TEL:0226-22-6688 FAX:0226-22-0119地図が見れます。








救命講習会申込用紙ダウンロード
応急手当講習のススメ
応急手当講習のススメ
応急手当講習のススメ
応急手当講習のススメ
総務省消防庁
 
南三陸町ゆるキャラ「オクトパス」君の南三陸消防署職業体験の様子が閲覧できます。
外部リンクYouTubeのページに移動します。 
HOME > 救急関係
 

あなたの救命処置が傷病者を救う

バインスタンダー

バイスタンダー

バイスタンダー (bystander) とは救急現場に居合わせた人
(発見者、同伴者等)のことをいいます。


心臓と呼吸が止まってしまった傷病者に対して、救急車が駆け付ける間に『バイスタンダー』による心肺蘇生法(心臓マッサージや人工呼吸)やAED(自動体外式除細動器)による電気ショック等の救命処置が救命率を大きく左右します。

救急隊の現場到着までの時間は年々長くなっており、気仙沼・本吉広域消防本部管内で 9.5分(平成23年)となっています。
その間、傷病者に対してバイスタンダーが勇気を出して手を差し伸べること、まずはこれが傷病者を救命する第一歩となります。

命のタイムリミット

命のタイムリミット 右のグラフは緊急事態に陥った傷病者の死亡率を示しています。

(1) 心臓停止約3分で50%の人が死亡します。
(2) 呼吸停止約10分で50%の人が死亡します。
(3) 出血多量約30分で50%の人が死亡します。


心肺停止に陥った傷病者へ、心肺蘇生法等の救命手当を実施しなかった場合、1分間で7%~10%も救命率は低下していきます。 しかし、『バイスタンダー』による心肺蘇生法・AEDによる迅速な電気ショックを実施することにより、傷病者を救命できる確率は格段に上昇します。

救命の連鎖

救命の連鎖
傷病者の命を救い、社会復帰するまでの流れを「救命の連鎖」といいます。この「救命の連鎖」は、
(1)心停止の予防
(2)心停止の早期認識と119番通報
(3)バイスタンダーの一次救命処置
(4)救急隊や医師が行う二次救命処置・集中治療
これらの連鎖により、傷病者の社会復帰を目指すものです。この4つの連鎖が迅速に繋がることで、傷病者の救命率は格段に上昇します。

この「救命の連鎖」、最初の3つの輪までは、バイスタンダーの皆さんが担うものです。
バイスタンダーから救急隊へ、救急隊から医師へ、命のバトンを引き継ぐ「救命の連鎖」。
死の淵にいる傷病者を救うのは、AEDでも高度な医療器具でもありません。
また、完璧である必要もありません。
救命の連鎖は、まず『バイスタンダー』である皆さんの『勇気ある第一歩』から始まります。


近年、心肺停止傷病者の生存率は『バイスタンダー』の皆さんのおかげで、年々上昇しています。
そして、まだまだ伸びることでしょう。
いざというとき、自信を持って傷病者に救いの手を差し伸べることができるよう、心肺蘇生法講習を受講してみてはいかがでしょうか。

応急手当WEB講習
 

救急講習会の開催について

気仙沼・本吉地域広域行政事務組合消防本部では、救命講習会を開催しております。どなたでも参加することができますので是非お申込みください。

救急講習 定期開催日程

事業所や団体での応急手当・救急講習の受講は、定期開催以外の日程でも可能ですので、最寄りの消防機関にお問い合わせください。

●気仙沼消防署(TEL:22-6687)
●本吉分署  (TEL:42-2629)
●大島出張所 (TEL:28-3098)
●古町出張所 (TEL:25-8719)
●唐桑出張所 (TEL:32-3138)
●南三陸消防署(TEL:46-2677)
●歌津出張所 (TEL:36-2222)
応急手当講習のススメ
救命講習会(団体等定期開催日以外) 申し込み用紙ダウンロード
患者等搬送乗務員講習 受講案内ダウンロード
患者等搬送乗務員講習 受講申請書ダウンロード

救急事故を防ぐために…「予防救急」

○救急搬送事例の中には、転倒によるケガや食事中に食べ物をのどに詰まらせた、などのように「もう少し注意をしていれば」「事前に対策をしておけば」防げたかもしれない事故があります。
○ほんの少しの注意や心がけで、救急車が必要になるような事故を未然に
防ぐ、この取り組みを「予防救急」といいます。



◇起こりやすい事故とは??その応急手当は??◇

 

宮城県ドクターヘリの運航開始について

ドクターヘリとは?
・医療機器などが装備された医療用ヘリコプターで、医師と看護師がヘリコプターに搭乗するものです。
・重症な傷病者に対し、消防機関からの出動要請でドクターヘリが臨時離着陸場(ランデブーポイント)に向かい、救急車で搬送されてきた傷病者をヘリコプターで医療機関へ搬送します。
・ランデブーポイントで、早期に治療をすることができるので、傷病者の救命率の向上など大きな効果が期待されています。

運航方法
・県内全域を、基地病院がある仙台医療センターと東北大学病院から交代で出動し、悪天候で運航を中止する場合を除き、土日・祝日を含め「日中の時間帯毎日運航」します。

○安全な運航に努めます
・気仙沼・本吉広域管内には34か所のランデブーポイント(H28.10.28現在)があります。ドクターヘリが離発着する際、一時的にエンジン音や風が発生しますが、安全運航を心がけています。

○宮城県のランデブーポイント一覧はこちらから

皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします

救急車の適正利用について

近年、救急車の出動件数は増加しており、現場へ到着する時間も遅くなっています。
また、救急車で搬送された人の約半数が入院を必要としない軽症であったという現状もあります。
「交通手段がない」「どこの病院に行けばいいかわからない」「便利だから」「困っている」といった理由で救急車を呼ぶ人がいます。

救える命を確実に救うために
「救急車を上手に使いましょう」~救急車必要なのはどんな時?~
(総務省消防庁より転載)

「PA連携出動」ってなに

PA連携出動って「PA連携出動」とは、消防車(Pumper)と 救急車(Ambulance)が連携して救急活動を行うことです。

●救急車が進入困難な地区で、傷病者搬送に救急隊だけでは困難な場合。
●危険を伴う現場で、危険排除が必要と判断される場合。
●交通量が多く、傷病者や救急隊員の安全を確保しなければならない場合。
●近くの救急車が出動中で、救急車到着に遅れを生じる場合。
●ほか、救急隊の活動を支援する必要がある場合。

これらの場合にPA連携出動とし、そのときは、救急車と消防車がサイレンを鳴らして現場へ急行します。
「救急車を呼んだのに、消防車まで来た!」とビックリすることもあるかもしれませんが、傷病者にとってより良い活動のため、皆さんのご理解をお願いします。
南三陸町 ホームページ 気仙沼市 ホームページ