HOME > 119番通報のしかた

119番通報のしかた

 気仙沼市と南三陸町内から「119」番通報をすると、気仙沼市にある気仙沼・本吉消防本部の消防指令センターにつながります。通報時は落ち着いて、はっきりと指令員にお話ください。


火災です。 救急です。
指令官と通報者のやりとり
指令官と通報者のやりとり
指令官と通報者のやりとり

GPS機能活用のお願い

 近年普及しているスマートフォン等の携帯電話の多くはGPS(Global Positioning System:全地球測位システム)機能が搭載されています。GPS機能を有効にした状態で通報することで、通報受信時に通報者の位置情報をより正確に取得することが可能になります。しかし、スマートフォンの場合は、節電のためにGPS機能をOFFにしている場合が多く、端末にGPS機能が搭載されていても、位置情報を取得することが出来ません。
 より迅速・正確に消防車・救急車を出動させるために、通報前には、GPS機能を有効にするように、ご協力をお願いします。

 GPS機能を使うときの注意点
  ●GPS使用時には上空に屋根などの障害物がないことを確認してください。
  ●屋内ではGPSによる正確な位置情報が困難な場合があります。
  ●自宅での通報の場合は固定電話を使用して下さい。

※GPS機能を有効にする方法は、端末によって異なります。取扱説明書を読むなど事前に確認してください。

携帯電話、公衆電話からの119番通報

携帯電話から119番通報するときは、次のことに注意してください。
(1) 気仙沼・本吉消防本部へつながらないときがあります。
他の消防本部との境など、通報する場所によっては近隣の消防本部(石巻市・登米市・一関市・陸前高田市)へつながるときがあります。

そのような場合も、電話を切らずにそのままお待ちください。 電話対応した近隣の消防本部から当消防本部に電話を転送してもらうことができます。(反対に管轄する消防本部に転送することもできます。)
(2) 電波状況が悪いとき。
場所を移動してかけ直してください。それでもつながらないときは、近くの民家などの電話を借りるか、その家の方に通報を依頼してください。
(3) 住所がわからないとき。
周りの目標となるもの(お店・バス停など)を教えてください。わからないときは、近くにいる人に聞くか、今いる場所の名前(国道45号線・安波山など)を教えてください。
(4) 通報後も問合せの電話をする場合があります。
通報後も状況確認のために消防指令センターから電話をする場合がありますので、ご協力をお願いします。
(5) 現場を離れないでください。
現場の特定などのために、消防隊や救急隊が現場に到着するまで、できるだけその場を離れないよう、ご協力をお願いします(危険が迫っているときは、安全なところに避難して消防隊などの到着を待ってください)。
○公衆電話から119番通報するときは、次のことに注意してください。
 緊急通報ボタンがないピンク電話から119番通報した場合、消防側に音声が聞こえず片側通話となります。その場合、消防側から呼び返しますので、一旦電話を切りお待ちください。 

119番の適正利用について

119番は火災・救急などの緊急通報専用電話です。災害発生情報などのお問い合わせは下記のサービスをご利用ください。
 消防テレフォンサービス 0180-992-699
(災害発生情報や休日当番医情報を自動音声でご案内しています。)

ファックスからの119番通報

ファックスによる「119」番通報をすることができます。
局番なしの「119」でファックス送信!

ファックスから119番通報するときは、次のことに注意してください。
(1) 当消防本部は、「気仙沼市・南三陸町」内からのファックス通報のみ
受信できます。
(2) 通報は、ファックス119番通報用紙(当消防本部以外のものでも可)を利用するか、住所や名前など必要事項が書かれた用紙にてファックス送信してください。
(3) 万が一に備え、必要事項はあらかじめ記入しておいてください。
(4) 救急通報の時は、受信を確認後、折り返しファックスを送信します。火災通報の時は、ファックスを送信した後はすみやかに安全なところに避難してください。
FAX119番通報用紙

メール119について

※登録をされたアドレスに限り利用ができる「登録制」とします。登録されたアドレス以外からの通報はできません。


登録は、聴覚または音声言語機能等に障害のある方で、気仙沼市・南三陸町内に居住している、または通勤・通学している方を対象とします。

詳しくはこちらまで
南三陸町 ホームページ 気仙沼市 ホームページ